• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

抜来報往の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

急いでやって来たり、速やかに去ったりすること。また、たびたび行き来すること。また、往復の旅行で中間の駅を経ずに、急ぎ往復する意から、物事の次第・順序を飛び越えて行うたとえとして用いられることもある。▽「抜」「報」はともに疾はやい、急速にの意。「抜く来きたり報く往く」と訓読する。
出典
『礼記らいき』少儀しょうぎ