[名](スル)捺染 (なっせん) 法の一。無地染めの布帛 (ふはく) に抜染剤をまぜた糊 (のり) をつけ、蒸気や薬品でその部分の地色を抜いて模様を表すこと。脱色とともに他の色で染めることもある。ぬきぞめ。