[名](スル)
  1. 治療のため、歯を抜くこと。

  1. 成人として認められるため、あるいは服喪などの目的で、口をあけると見える範囲の歯を抜く風習。日本では縄文時代後半から弥生時代前半に盛行。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース