《古くは「ばっくん」》

[名・形動]
  1. 多くの中で、特にすぐれていること。ぬきんでていること。また、そのさま。「―な(の)成績をおさめる」

  1. 程度が大きいこと。また、そのさま。

    1. 「先の関をば、はや―に程隔たりて候ふほどに」〈謡・安宅

[副]程度がはなはだしいさま。
    1. 「目の数も―違ふ」〈虎明狂・賽の目〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース