[動カ五(四)]

  1. 腕でかかえ持つ。だく。「ひしと―・く」「母親の胸に―・かれる」

  1. かかえるように包み込む。「村々を―・く山塊」「大自然の懐に―・かれる」

  1. ある考えや感情をもつ。「疑問を―・く」「青年よ大志を―・け」

  1. しっかり守る。擁護する。

    1. 「任那 (みまな) を―・き守ること、おこたることなきなり」〈欽明紀〉

[可能]いだける

抱 (かか) える[用法]

出典:青空文庫

出典:gooニュース