• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「おして」とも》

  1. 我 (が) が強いこと。我を通すこと。

    1. 「噺 (はなし) をさせると―がきいていましたが」〈万太郎末枯

  1. 箏 (そう) の奏法の一。左手で弦を押さえて張力を高め、音に変化を与える手法。

  1. 印判。印鑑。また、手型をいう。→手印 (ていん) 

    1. 「その戸には、文殿と―さしたり」〈宇津保・蔵開上〉

  1. 弓を射るときの左手。ゆんで。⇔引き手 (で) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉