[名](スル)詩歌などで、同一または類似の音韻をもった語を一定の箇所に用いること。韻を踏むこと。→脚韻 (きゃくいん) 頭韻 (とういん) 

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉