• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[枕]口の割れた鈴の意から、地名「五十鈴 (いすず) 」にかかる。さくすずの。
  • 「―五十鈴の宮に」〈神功紀〉