• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

川端康成の短編小説。大正10年(1921)4月、「新思潮」誌に発表。靖国神社の祭礼を描いた作品で、菊池寛らに認められ、文壇に進出するきっかけとなった。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉