• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

四角な布に綿を縫い込み、四隅を足として1か所に集めてくくり、頭をつけて猿の形に作ったもの。江戸時代に流行し、幟猿 (のぼりざる) に用いた。また、遊郭などで客の足止めをするまじないにした。