• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏事を行うため、心身を清浄に保つこと。また、特に、仏門に入った人が、正午以後食事をしないという戒めを守ること。