• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉後期から南北朝時代にかけて、大覚寺統と皇位を争った後深草天皇の系統。南北朝時代は北朝として南朝と対立したが、元中9=明徳3年(1392)南朝を合わせ、以後皇位を継いだ。後深草天皇が譲位後、京都の持明院を御所としたのでこの名がある。→大覚寺統

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉