• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ハ下二]特にそれと目指して行う。わざわざする。
  • 「―・へたる御文 (ふみ) にはあらで」〈・空蝉〉