1. 物事を判断したり評価したりするための目じるしとなるもの。

  1. 計算尺で、固定尺の上を左右へ移動させて目盛りを読む付属具。カーソル。遊標。

  1. 数学で、正数常用対数整数と正の小数との和として表すときの整数部分。

出典:青空文庫