• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

挙措失当の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

事に当たって対処の仕方や振る舞いが適当でないこと。▽「挙措」はからだのこなし。動作。態度。立ち居振る舞い。「失当」は適当さを欠くこと、適当でないこと。「挙措きょそ、当とうを失しっす」と訓読する。
句例
挙措当を失して大恥をかく

挙措失当の解説 - 学研 四字辞典熟語

「挙」は、上にあげること。「措」は、下におくこと。立ち居振る舞いや対処の仕方が適切でないこと。
注記
「挙措」は、立ち居振る舞い・動作・態度。「失当」は、適切さを欠くこと。「挙措きょそ、当とうを失しっする」と読み下す。

[言動を表す/立ち居振る舞い]カテゴリの四字熟語

キーワード[動作]の四字熟語