• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

訴訟上、証拠によって事実の存否が確認できない場合、裁判所はその事実は存在しないと仮定するが、それによって当事者の一方が受ける不利益をいう。刑事訴訟では検察官民事訴訟では原告が原則として挙証責任を負う。立証責任。

[社会/法律]カテゴリの言葉