• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 江戸時代の子供の玩具の一。八角形の槌 (つち) に似た形で、鶴と亀、尉 (じょう) と姥 (うば) などを描く。小さな車をつけて引きずって遊ぶとも、木製の玉を打つともいう。また、正月、魔よけとして室内に飾ったりした。ぶりぶりぎっちょ。ぶりぶりぎちょう。

  1. 的 (まと) の一種。直径3~4寸(約9~12センチ)で、左右に乳 (ち) があり、そこに綱を通して掛けて使う。

  1. 太刀の柄の下げ緒のおもりの金物。

[副]ぶるぶると震えるさま。
    1. 「あら怖や、と…―ふるひ出でたるを」〈浄・振袖始〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉