[名]
  1. 振り動かすこと。また、振れ動くこと。「バットの―が足りない」

  1. 人の振る舞い。しぐさ。また、なりふり。「人の―見てわが―直せ」

  1. 見せかけの態度や動作。ようす。ふう。「寝た―をする」

  1. 料理屋・旅館などで、紹介や予約なしに客が来ること。また、その客。「―の客」

  1. 一時的であること。臨時。

    1. 「材木屋から搾 (しぼ) る―のものを…払いに当て」〈秋声縮図

  1. 舞踊で、動作・所作のこと。「―をつける」

  1. 女性用の和服の袖付け止まりから袖下までの、縫い合わせない部分。

  1. 本題に入るためのきっかけ。前置きとしてする話。「前―」

  1. 和歌の歌いぶり。和歌の風体。

    1. 「大僧正は、おほやう西行が―なり」〈後鳥羽院御口伝

  1. 10 歌曲の歌いざま。節回し。

    1. 「その様を習ひて謡ひたれば、―はその―にて似ぬにや」〈梁塵秘抄口伝・一〇〉

  1. 11 ずれていること。ゆがんでいること。

    1. 「建ては建てたが、ちっくり笠に―がある」〈浄・嫩軍記

  1. 12 金銭の都合をつけること。やりくり。

    1. 「借銀かさみ、しだいに―に詰まり」〈浮・永代蔵・六〉

  1. 13 褌 (ふんどし) や腰巻をつけないこと。多く男子にいう。ふりちん。

    1. 「金吹きは―になるのがしまひなり」〈柳多留・三〉

  1. 14振袖」の略。

    1. 「友禅の―の袂 (たもと) に北時雨」〈浄・歌祭文

  1. 15振袖新造」の略。

    1. 「片町の―を内へ呼び入れ」〈浄・阿波鳴渡

[接尾]助数詞。
  1. 振る動作の回数を表すのに用いる。「バットを一―二―する」

  1. (「口」とも書く)刀剣を数えるのに用いる。「二―の刀」

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫