[動ラ五(四)]

  1. からだの一部を、また物の一方の端をもって上下・左右・前後に何度も繰り返すようにして動かす。「ハンカチを―・る」「腕を―・って歩く」「犬がしっぽを―・る」

  1. 手を動かして握ったものを下方に投げる。また、勢いをつけて振りまく。「さいころを―・る」「塩を―・る」

  1. 割り当てる。仕事や役割を与える。「大役を―・られる」

  1. 文字のわきに記号・読みがななどをつける。「ルビを―・る」

  1. 相手の求めを退ける。はねつけて相手にしない。「女に―・られる」

  1. 得た地位・立場などをあっさり捨てる。また、しようとする意志を捨てる。むだにする。「重役の地位を―・る」「一生を棒に―・る」

  1. 動かして方向を少しずらせる。進む向きをある方向に変える。「舵を右に―・る」

  1. 勢いよく担ぎ動かす。「みこしを―・る」

  1. 本題に入るきっかけとして話す。話を導き出そうとする。「落語家がまくらを―・る」「司会者が話題を―・る」

  1. 10 為替・手形などを発行する。「為替を―・る」

  1. 11 神体を移す。

    1. 「三笠山に―・り奉りて、春日明神と名づけ奉りて」〈大鏡・道長上〉

  1. 12 入れかえる。置きかえる。

    1. 「行く春は行く歳にも―・るべしといへり」〈去来抄・先師評〉

[可能]ふれる

出典:青空文庫

出典:gooニュース