• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動サ五(四)]

  1. 何回も繰り返してこねる。こねくりかえす。「そば粉をなん回も―・す」

  1. 物事をあれこれいじくりまわす。

    1. 「どう腹の中で―・しても、つまりおとよさんは憎くない」〈左千夫・隣の嫁〉

  1. 往来する人でごったがえす。

    1. 「―・す道も師走の市のさま/曽良」〈続猿蓑