捧腹絶倒の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

腹を抱えて大笑いすること。また、そのさま。▽「捧腹」は腹を抱える、腹を抱えて大笑いすること。「絶倒」は転がるほど大いに笑う、笑い転げる意。「捧」は「抱」とも書く。
出典
『史記しき』日者伝にっしゃでん
句例
捧腹絶倒のお笑い番組、あまりのおかしさに捧腹絶倒する
用例
現に拙者せっしゃなどは嫌われぬいているから何時訪ねても奥様の厳命で不在と仰おっしゃる。まだまだ捧腹絶倒な話がある。<内田魯庵・社会百面相>
類語
呵呵大笑かかたいしょう 破顔大笑はがんたいしょう 捧腹大笑ほうふくたいしょう
活用形
〈―スル〉

捧腹絶倒の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)腹をかかえて、ひっくり返るほど大笑いをすること。「珍妙な話に―する」

出典:青空文庫