• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物を煮るとき、今まで用いていた火をけがれのある火として、捨てて用いないこと。