[動ア下一][文]す・う[ワ下二]
  1. 物を、ある場所に動かないように置く。「大砲を―・える」「三脚を―・える」

  1. 建造物などを設ける。「本陣を―・える」「関所を―・える」

  1. 位置を定めて人を座らせる。「上座に―・える」

  1. ある地位や任務に就かせる。「部長に―・える」「見張りに―・える」

  1. 心をしっかりと居定まらせる。「度胸を―・える」「腹を―・える」

  1. 厳しい視線を置きつづける。「目を―・える」

  1. 灸 (きゅう) をする。「灸を―・える」

  1. 捺印 (なついん) する。「印を―・える」

  1. 鳥などを止まらせる。

    1. 「矢形尾の真白の鷹をやどに―・ゑ掻 (か) き撫 (な) で見つつ飼はくし良しも」〈・四一五五〉

  1. 10 植えつける。

    1. 「世の中の常の理 (ことわり) かくさまになり来にけらし―・ゑし種から」〈・三七六一〉

[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→据 (す) ゆ

出典:青空文庫