• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸後期、天明(1781~1789)のころに流行したカルタ。また、それを用いて行う賭博 (とばく) 。48枚の札を1枚ずつめくり、手札との組み合わせなどで点数を競う。めくり札。

  1. 花札のこと。