• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ五(四)]
  1. (「胡坐 (あぐら) をかく」の形で)足を横に三角の形に組んで座る。

  1. 組み合わせる。編み合わせて作る。

    1. 「こしきには蜘蛛 (くも) の巣―・きて」〈・八九二〉

  1. つなぎ留める。掛ける。

    1. 「馬にこそ絆 (ふもだし) ―・くもの牛にこそ鼻縄著 (は) くれ」〈・三八八六〉

[可能]かける
[動カ下二]か(掛)ける」の文語形。