• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 剣道の練習法の一。上位の者を相手に何度も繰り返し打ち込むこと。

  1. 柔道の練習法の一。同一の技を連続して掛けること。捨て稽古。ぶつかり稽古。