• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. その場かぎりで、真実味のないこと。

    1. 「その場かぎり、―の心易いはなしなれど」〈荷風・かたおもひ〉

  1. 品物などを、一度使っただけで捨ててしまうこと。また、そのもの。使い捨て。

    1. 「紅摺り化して―の夏相思草入 (なつたばこい) れとなり」〈洒・風俗問答〉

  1. 流れ出るままにしておくこと。垂れ流し。

    1. 「屎 (くそ) 小便も―で」〈滑・浮世風呂・二〉

  1. 3からの転用》温泉で、源泉の湯をそのまま、または温度調整だけをして浴槽に満たし、あふれた湯は循環させずに捨ててしまうこと。「源泉掛け流し」

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉