• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「打掛 (うちかけ) 素襖」の略》

  1. 室町時代の武士の略装。素襖の裾を袴 (はかま) の内に入れず、外へ垂らした服装。

  1. 歌舞伎の衣装で、大口袴などをはいた上に、素襖の上だけを打ち掛けて羽織ったもの。身分の低い者、旅人などに用いる。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉