[名]
  1. 売り値に対する卸値。また、本来の値段に対する、値引きして売る値段の割合。

  1. 掛け売り」「掛け買い」の略。「―で買う」

  1. 売掛金」「買掛金」の略。「―がたまる」

  1. 掛け蕎麦 (そば) 」「掛け饂飩 (うどん) 」の略。

  1. 打ち掛け」の略。

    1. 「黒塗りの箪笥 (たんす) から―を出して女に着せた」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス

  1. 掛け布団 (ぶとん) 」の略。

  1. 相撲で、足を相手の足に掛けて倒す技の総称。内掛け・外掛けなど。

  1. 女帯の、締めはじめるほうの端。

  1. 名詞について、かけること。また、かけるもの。「洋服―」

  1. 10 言葉に掛けて言うこと。

    1. 「児 (こ) らが名に―のよろしき朝妻の片山崖 (ぎし) に霞たなびく」〈・一八一八〉

  1. 11 掛け緒。

    1. 「折烏帽子に―して」〈義経記・二〉

[接尾]
  1. 動詞の連用形に付く。

    1. ㋐動作が途中である意を表す。「読み―」「食べ―」「吸い―」

    2. ㋑その動作が起ころうとする直前の状態であることを表す。「つぶれ―」

    3. ㋒その動作のついでである意を表す。「帰り―」

  1. 助数詞。

    1. ㋐一人で担ぐ程度の物を数えるのに用いる。

      「衣櫃 (きぬびつ) 二―にてあるを」〈・松風〉

    2. ㋑細長いものを数えるのに用いる。

      「中御門御亭へ馬手綱、二―、弁に一―」〈言継卿記

    3. ㋒掛け鯛を数えるのに用いる。

      「親仁には、角樽一荷に塩鯛一―、銀一枚」〈浮・永代蔵・六〉