1. 祭祀 (さいし) で、神職が手に持つ道具。特に御神楽 (みかぐら) で、人長 (にんじょう) が舞うときに手に持つもの。榊 (さかき) 幣 (みてぐら) ・杖 (つえ) ・篠 (ささ) など。

  1. 神楽歌で、御神楽の初めのほうで歌われる神事色の強い一群。もとは人長の舞を伴った。榊・幣・杖・篠・弓・剣 (たち) ・鉾 (ほこ) ・杓 (ひさご) ・葛 (かずら) の9曲。→採物の歌