[名](スル)
  1. 客をもてなすこと。もてなし。「得意先を―する」「―係」

  1. 人の集まるところなどで、一般の人に湯茶などを振る舞うこと。

  1. 寺の門前や往来に清水または湯茶を出しておき、通りがかりの修行僧に振る舞うこと。接待茶。 秋》「―の寺賑 (にぎは) しや松の奥/虚子

謡曲。四番目物金春 (こんぱる) 以外の各流。宮増 (みやます) 作といわれる。山伏姿の義経主従が奥州の佐藤継信の館 (やかた) で老母から接待を受け、弁慶継信忠信兄弟の最期を語る。

出典:gooニュース