• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 心が外界の事物に触れて感ずること。

  1. 仏語。

    1. ㋐精神を集中し、乱さないこと。

    2. ㋑禅門で一定の期間、座禅をすること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉