自国の領海に接続する一定範囲の公海の水域。沿岸国は通関・財政・出入国管理などに関して一定の権限を行使することが認められる。

[補説]国連海洋法条約により領海の基線から24海里(約44キロメートル)までの範囲で設定できる。

[社会/法律]カテゴリの言葉