[名](スル)
  1. ある事実を手がかりにして、おしはかって決めること。「出火の原因を推定する」「推定人口」

  1. 法律で、ある事実または法律関係が明瞭でない場合に、一応一定の状態にあるものとして判断を下すこと。

  1. 統計調査で、ある集団の性質を調べる場合に、その集団から抽出した標本を分析することによって集団全体の性質を判断すること。

出典:青空文庫

出典:gooニュース