• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

そばで世話をする人。特に、五節 (ごせち) の舞姫の付添役の女房など。かしずき。

「―ふたり、童 (わらは) よりほかには、すべて入るまじと戸をおさへて」〈・九二〉