• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

うわべだけで、その本質にまでは至っていないこと。通り一遍。ひとわたり。かいなで。

「世に名を取れる人々、―の心やりばかりにのみあるを」〈・明石〉