• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代、御目見 (おめみえ) 以下の武士、僧侶・医師・山伏などの未決囚を収容した牢屋。江戸小伝馬町の牢屋敷にあった。→揚がり座敷

  1. 上がり場2」に同じ。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉