[動ナ下一][文]そこ・ぬ[ナ下二]
    1. ㋐人の気持ちを傷つける。「機嫌を―・ねる」「感情を―・ねる」

    2. ㋑からだの調子を悪くする。「働きすぎて健康を―・ねる」

    1. ㋐物がこわれる。傷がつく。

      「私の琵琶はちと―・ねて役に立ちませぬ」〈虎寛狂・伯養〉

    2. ㋑気持ちなどが、悪い状態になる。

      「ちと機嫌が―・ねた」〈虎寛狂・子盗人

  1. (動詞の連用形に付いて)

    1. ㋐…するのに失敗する。「買い―・ねる」

    2. ㋑…する機会を失う。「言い―・ねる」

出典:青空文庫