• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

損者三友の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

交際して損をする三種の友人のこと。うわべだけの不正直な(便辟べんぺき)人、誠実さのない(善柔ぜんじゅう)人、口先だけ達者な(便佞べんねい)人を友とするのは害であるということ。
出典
『論語ろんご』季氏きし
対義語
益者三友えきしゃさんゆう

損者三友の解説 - 学研 四字熟語辞典

付き合うと損をする三種類の友人。体裁だけとりつくろって正直でない人、誠意がなくこびへつらう人、口先だけの調子がよい人の三種類のこと。
注記
「損者」は、交際すると損をする友人のこと。
出典
『論語ろんご』季氏きし
対義語
益者三友えきしゃさんゆう

損者三友の解説 - 小学館 大辞泉

《「論語」季氏から》損者となる3種の友人。心の正しくない友、うわべはよいが誠実さのない友、口先だけで誠意のない友。⇔益者三友

キーワード[うわべだけ]の四字熟語

キーワード[おもねる]の四字熟語

キーワード[交際]の四字熟語

キーワード[言葉]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。