• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古代の雅楽の打楽器。インド起源で、奈良時代に中国から渡来。胴の両端に革面をつけ、革ひもで締めたもの。左手で支え、右手の指で革面をはじいたり、こすったりして鳴らした。揩鼓 (かいこ) 。答臘鼓 (とうろうこ) 。