• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

糊が強く、着ると端がはね上がるように折り目のついた袴。転じて、それを着けて威張っているさまをいう。

「主の威光の―かさにかかって」〈浄・女夫池〉