• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

貨幣授受にあたり、受ける者が良銭を選び取ること。特に、私鋳銭の横行した室町時代に多い。幕府は、貨幣の流通を妨げるものとして、しばしば特定の悪銭以外は撰り銭を禁止した。せんせん。えりせん。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉