《動詞「もど(擬)く」の連用形から》

  1. 日本の芸能で、主役にからんだり、前に演じたものをこっけいにまねたりすること。また、その役・演目。里神楽ひょっとこの「」に対する「三番叟 (さんばそう) 」など。

  1. もどくこと。

    1. 「たをやかならぬさまなり、といふ―はあれど」〈栄花・初花〉

  1. 名詞の下に付いて、それに匹敵するほどのもの、また、それに似て非なるものであるなどの意を表す。「梅―」「がん―」「芝居―のせりふ」

出典:青空文庫