昔の風習・様式などをまねること。特に詩文で、古体になぞらえて作ること。