[名](スル)
  1. 物にすがってよじのぼること。また、人を頼りにして立身出世をはかること。

    1. 「権家の門に出入し、官府間に―するの徒与の為に」〈雪嶺・偽悪醜日本人〉

  1. 心が対象によって働きを起こすこと。また、対象にとらわれること。

    1. 「よろづに―しつつせむ念誦、読経は、かひはあらむとすらむやは」〈栄花・初花〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉