支離滅裂の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ばらばらでまとまりがなく、筋道が立っていないさま。▽「支離」はばらばらなさま。「滅裂」はきれぎれ、離ればなれ。ばらばら。
句例
支離滅裂な議論、支離滅裂になる
用例
反対の場合には彼は吃どもりがちで支離滅裂にしか語れない。<石坂洋次郎・若い人>
類語
四分五裂しぶんごれつ 乱雑無章らんざつむしょう
対義語
順理成章じゅんりせいしょう 理路整然りろせいぜん
活用形
〈―ナ〉

支離滅裂の解説 - 学研 四字熟語辞典

統一がなく、てんでんばらばらであること。めちゃくちゃ。また、文章や議論、色や形などがまとまりなく、わけがわからないこと。
注記
「支離」は、分かれて離れるさま。「滅裂」は、形がこわれて離れ離れになること。
対義語
理路整然りろせいぜん

支離滅裂の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]物事に一貫性がなく、ばらばらで、まとまりのないこと。また、そのさま。「支離滅裂な話」

出典:青空文庫