• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、その年の農作物の出来ぐあいによって租税の率を変えたこと。

「諸国―の世の中すぐれて」〈浮・永代蔵・一〉