• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 翼を切って池に放して飼う鳥。

    1. 「島の宮勾 (まがり) の池の―人目に恋ひて池に潜 (かづ) かず」〈・一七〇〉

  1. 飼っている鳥を逃がすこと。特に、放生会 (ほうじょうえ) のとき、死者の追善のため鳥を放すこと。また、放たれた鳥。はなしどり。

    1. 「籠 (こ) の内の名残り忘るな―心のままにあくがれぬとも」〈新撰六帖・六〉