• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

政教分離の解説 - 学研 四字熟語辞典

政治と宗教が、互いに干渉せず、利益を与えないことが定められた国家制度。また、その理念や政策。
用例
大化の改新の一つの大きな目的は、政教分離にあつた。さう言ふよりは、教権を奪ふ事が、政権をもとりあげる事になると言ふ処に目をつけたのが、此計画者の識見のすぐれて居た事を見せて居る。〈折口信夫・最古日本の女性生活の根柢〉
対義語
政教一致せいきょういっち 祭政一致さいせいいっち

政教分離の解説 - 小学館 大辞泉

政治と宗教の結びつきを切ること。宗教団体が政治に介入することも、また、国家が宗教団体や個人の信仰に干渉することをも禁止するという原則。

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。