• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 目的・目標を表す。ため。

    1. 「我が―に泣きし心を忘らえぬかも」〈・四三五六〉

  1. 原因・理由を表す。ため。ゆえ。

    1. 「あにもあらぬ己 (おの) が身の―人の子の言も尽くさじ我も寄りなむ」〈・三七九九〉

  1. 複合語の形で用いる。

    1. ㋐血縁関係にあること。「や―」「はら―」

      「問ひ放 (さ) くるう―はら―なき国に」〈・四六〇〉

    2. ㋑そのものに本来備わっている性格・性質。本性。

      「国―か見れども飽かぬ神 (かむ) ―かここだ貴き」〈・二二〇〉